オリジナルティのあるコンテンツを意識してサイトを作ろう!

パソコンを使用している人

ホームページは世界中に山ほどあるため、ありきたりな内容にしていてもアクセス数をアップさせることは困難となります。オリジナルティを追求することが欠かせないといえるでしょう。オリジナルティのあるサイトの定義は簡単ではありませんが、基本的に他のサイトと被っていない要素を多く含むサイトはオリジナルティがあるといえます。仮に内容的にはありきたりであったとしても、取り扱っている情報量が他サイトよりも格段に多い場合はその情報量の多さがオリジナリティとなる可能性もあります。

利用者の視点で考えると、得られることの多いサイトにはアクセスするメリットがたくさんあるといえるでしょう。そこで役立つ情報を発信するホームページが増えています。役立つ情報の中には知っているだけで得するものと、知って活用することで得になるものがあります。利用者が求めている情報を的確に提供することが出来ればアクセス数は増えやすくなります。

ホームページ上の情報に付加価値を付けることも重要です。何かしら新しいことが分かったときにその内容だけを発信しても付加価値がありません。その事柄に新しい価値を付けて情報提供できれば、付加価値が生まれるので他のサイトとの差別化を行えます。体験談を掲載するのはその手法の1つです。ユーザーの中には体験談を読みたいという方もいます。ユーザーのニーズを拾うためにアンケートを実施することも有効といえるでしょう。

Googleなどの検索エンジンではそれぞれのサイトに評価を行い、検索順位を決めています。その際の評価に大きく影響を与えるのが情報の内容です。暮らしに役立つ知識などを提供しているサイトは有益である可能性が高く、評価が高まりやすいといえるでしょう。それゆえに幅広い知識を発信できるようにすることは有効です。

しかしながら他の媒体から引用する際には注意が必要となります。引用をするときには引用元に確認を取り、出典を明白にすることが重要となっています。引用元に確認を取っていない場合はコピーコンテンツと判断されてしまう可能性があります。また、引用元の意図と異なる使い方をしてしまうと乱用と見なされ、後々のトラブルに発展してしまうかもしれません。そのため、情報の取り扱いには注意が必要となります。なるべく勘違いを引き起こしにくい言い回しを意識し、乱用することなく情報を提供していくことが出来れば、安心して閲覧してもらいやすいサイトが出来上がります。Googleから評価されるようなコンテンツが多いと検索順位は高くなります。