検索エンジン順位チェックツールGRCでサイトの順位動向を監視!

新しいサイトを利用する方の多くはキーワードなどを入力して検索しています。それゆえに検索表示において何位になるのかは重要な問題です。検索順位が上がるとアクセス数が増えやすくなり、アクセス数が増えることで検索順位がさらに上がりやすくなります。検索順位はGRCなどを利用することで簡単に調べられます。キーワード検索の結果は検索エンジンごとに少しずつ異なっています。Yahoo!とGoogleだけで見ても違いがあるので、それぞれに対策を練ることが重要です。検索順位を監視する作業は場合によって毎日行うこともあります。ただし、監視に人員を割きすぎることは高額な費用に繋がってしまいます。そのため、毎日自動的に監視出来るツールを利用するケースもあります。

検索順位の監視と費用のバランスはサイト運営において非常に重要です。例えば、既に検索順位が最上位近辺になっている場合はそれほど細かく監視しなくても良いかもしれません。しかし、検索結果の1ページ目に表示されるか、2ページ目に表示されるかの瀬戸際にあるという場合は細かく検索結果を見ておくことが重要となります。費用対効果を踏まえて運営を行っていきましょう。

検索エンジンはGoogleやYahoo!だけではありません。最近では中国を中心にBingなどの利用が増えています。これらの検索エンジンでは使用されているアルゴリズムが異なります。ゆえに各々のアルゴリズムに合わせた施策を行うことが大切です。Excelなどを利用して検索順位を記録していくことも有効となります。検索結果は1日、1週間といった短期間での情報整理も大切ですが、半年や1年といった長めの期間で見ていくことも重要となっています。情報を整理していつでも確認できる状態にしておきましょう。

GoogleやBingなどの分析を個別に行っていくことが有効です。さらにこれらはアルゴリズムのアップデートがあります。アップデートの内容を確認し、検索順位を高めるためのコンテンツを追加していくことが大切です。分析結果は数値の状態であると分かりにくいケースもあります。そこでグラフなどで見やすくすることも有効となっています。どのようにアクセス数が変化していくかを、じっくりと見極めることがサイトを成功させるためのポイントです。もちろん、プロの方に助言を求めたり、軌道に乗るまで力を借りたりすることも1つの方法として存在します。自動でExcelに記録されるものやGRCが便利です。